FP(ファイナンシャルプランナー)ってどんな資格なの?

ファイナンシャルプランナー
FP(ファイナンシャルプランナー)とは

FPとは、ファイナンシャル(Financial)プランナー(Planner)の略で、

エフピーと呼ばれます。

FP(ファイナンシャルプランナー)は、お客さんの収入や支出、資産状況などから、

そのお客さんにあったライフプランニングをすることができる資格です。

つまり、FPは、お金の専門家なのです。

はじめ
はじめ

えみさん。

FPってなんの略か知ってる?

えみさん
えみさん

たしか、ファイナンシャル・プランニングの略でしょ?

お金について、様々な知識を持っていて、

お客様の人生設計にアドバイスができる資格よ。

はじめ
はじめ

さすがえみさん。よく知ってるね。

ぼく、FanPower(ファンパワー)の略かと思っていたよ。

ちなみにぼくは、「はじめ坂48」の大ファンなんだ。

ぼくのFPすごいよ。ちょっとみて。L・O・V・E・さくらちゃぁぁん!!

えみさん
えみさん

はじめ君。今日もいい汗かいてるね。

その情熱を仕事にも向けようね。

FPってどんな資格?

FPとは

FP(ファイナンシャルプランナー)は、

保険や税金、住宅ローンなどのお金に関係する出来事を分析して、

お客さんそれぞれに合わせた人生設計をしたり、提案することができます

お金の知識を武器に、資産設計の相談や提案できます。

お客さんが何をもとめているのか?どんなリスク(危険)があるのか?

プロのコンサルタント(課題を明らかにして、それを解決する仕事)という肩書が、

もっとも似合う資格です。

はじめ
はじめ

プロのコンサルタントかぁ。。

かっこいい。。。

FPの働き方

FPには、いろいろな働き方があります。

FPの資格保持者の大半は、知識を使える銀行や保険会社、不動産会社などで働きます。

それぞれの業界でコンサルタント業務や営業を行っています。

会社員として、FPの知識を使い、活躍されている人はたくさんいます。

ぼくの知る限り、FPの資格を持っている彼ら、彼女らの多くは、

会社員としては、かなり出世している印象ですね。

名刺の「部長」などの役職と一緒に、

「〇級ファイナンシャルプランニング技能士」などが書かれているのを、よく見かけます。

はじめ
はじめ

ぼくはもちろん平社員だよ。

いつか役職がほしいな。

FPの資格があれば、独立することも可能です。

FP資格者全体からみると少数派かもしれませんが、

プロのコンサルタントとして活躍しているひとも多くいます。

独立FPの人たちは、リッチなお客さんを一定数抱えているイメージですね。

不動産業との相性

不動産業界ではたらいている皆さんに質問です。

お客さんから、税金やローンのことを質問されて、うろたえたことはありませんか?

ありますね。うん。ありますよね。

そういうぼくは、そんな経験ばかりでした。。。

はじめ
はじめ

ぼくも、毎日だよ。ははは。。。

不動産というものは、人生で最も大きな買い物といわれるほどです。

家を建てたり、引っ越しをしたりすることは、人生のビッグイベントですよね。

家を新築したり、家を買ったりすることは、すごく楽しくワクワクするのと同時に、

銀行から大きく借金をしたり、税金を払ったりしなければなりません。

つまり、不動産とお金は、切っても切り離せない関係です。

はじめ
はじめ

切っても切り離せないなんて。

まるで「はじめ坂48」のさくらちゃんとぼくのようだ。

平松先輩
平松先輩

ぜんぜん違うわ!!

不動産業で仕事をするためには、お金の知識は最低限なければなりません。

FPを勉強することで、最低限どころか、お客さんに提案することができるまでになるのです。

活躍できるに決まってますよね。

不動産業とファイナンシャルプランナーは、ものすごく相性のいい資格です。

FPの将来性

ファイナンシャルプランナーは、企業側からすれば、かなりほしい人材です。

通常の企業では、お金の知識がない人がほとんどです。

お客さんにコンサルティングすることができる人材は、就職する場合でもかなり有利です。

また、お金の知識は、

仕事に使うだけではなく、自分の家計に対しても、価値を発揮してくれます。

こうこう
こうこう

FPは、お金持ちになる近道ですよ。

知識は資産。間違いない!

これからの時代は、誰かに頼るのではなく、

自分で資産管理をしていかなければならない時代です。

自分で人生の設計図を作ることができたら、費用もかからないし、最高ですね。

これからは、FPの需要はどんどん増えていくことは間違いないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました