住居表示ってなに?地番となにが違うの?

不動産の知識
住居表示(じゅうきょひょうじ)

住居表示とは、家がある住所のことです。

「〇〇県△△市一丁目1番1号」などという住所の表記のことです。

どこに住んでいるかを分かりやすくするためのものです。

はじめ
はじめ

先輩。たいへんです!

住所が2種類あるらしいんです!

ぼくの住所は、

「東京都福生市はじめ町1丁目1番1号」だけのはずなのに。。

平松先輩
平松先輩

住居表示のことをいってるんだな。

ちなみに、その住所は、住居表示だ。

住所には、「地番」と「住居表示」の2種類があるんだ。

地番でいうと、「東京都福生市はじめ町〇〇番地」だ。

はじめ
はじめ

なんでそんな複雑なことをするんですか?

住所は一つでいいじゃないですか!

平松先輩
平松先輩

確かにそうだな。

もともとは、住所は「地番」だけだったんだ。

でも、近年になって、

土地の分筆や合筆が頻繁に行われるようになって、

地番」だけでは、住所が分からなくなってしまったんだ。

そのせいで、郵便物が届かないといった不便なことが起こり始めたんだ。

それで登場したのが、「住居表示」なんだよ。

地番が変わっても、住居表示は変わらないから郵便屋さんも迷わないんだ。

はじめ
はじめ

先輩。。。

沼上彰さんみたいですね。。

めっちゃ分かりやすいです!

なんか好きになっちゃいそうです♡

平松先輩
平松先輩

好きになるのは止めてくれ。。。

地番と住居表示

地番とは

地番とは、もともと日本で使われてきた住所です。

明治時代に、土地を整理するために、一筆ごとの土地に番号を付けたものです。

わかりやすく言えば、地番とは、土地の登記簿で管理されている番号のことです。

地番は、法務局が管理しています。

地番を管理することで、土地の面積、地目、所有者の情報を管理しています。

地番は、一筆ごとに管理されており、〇〇町△△番と表します。

また、枝番がある場合は、 〇〇町△△番1や、 〇〇町△△番2などで表されます。

どうして枝番があるのかというと、土地を二つや三つに分ける分筆登記を行っているからです。

もともとは、 〇〇町△△番 という一つの土地だったということですね。

そして、この地番を元に、固定資産税などが課されることになります。

また、地番には、通常使用しない大字(おおあざ)や小字(こあざ)が表記されていて、

分かりにくいかもしれません。

大字や小字は、明治時代前の村や町、集落の名前であり、歴史を感じます。

特に小字はおもしろくて、カタカナ表記のものも多くあります。

「クジラ」、「蛇堀」、「スウザン」、「山ノ下」、「カラス田谷」、「サクラ谷」など、

元々の土地のイメージがわく地名も多いので、調べてみるとおもしろいですよ。

はじめ
はじめ

「字クジラ」って。。

「字蛇堀」も怖すぎるでしょ。。うじゃうじゃ。。うえ~。。

住居表示(じゅうきょひょうじ)とは

住居表示とは、住居につけられた番号です。

建物が複数の土地にまたがっていたとしても、そこに建物が一つであれば、一つの住所です。

建物に対して付けられる住所なので、建物のない土地に住居表示はされません。

住居表示は、建物が存在している市町村が決めることになっています。

建築会社が建物を建てた後、住居表示設定を申請することで、

その建物に対して、住居表示設定されます。

住居表示設定がされると、その建物に対して、 ××県△△市〇〇一丁目1番1号などが設定されます。

そして、住居表示が設定されると、住民票を異動させることができます。

「わたしは、 ××県△△市〇〇一丁目1番1号 に住んでいますよ」

ということを公にすることができるようになります。

この建物がどこにあるのかが分かりやすくなるので、郵便局も配達しやすいですね。

ただ、住居表示は、建物すべてにするのではなく、住居表示地域だけです。

住居表示が行われていない地域では、地番がそのまま住所として使われることになります。

こうこう
こうこう

住居表示地域にするかしないかは、市町村が決めているよ。

地番と住所表示の違い

地番は、 〇〇町△△番住居表示では、 〇〇一丁目1番1号

地番は、法務局が管理していて、住居表示は、市町村が管理しています。

地番は、土地の情報であるのに対して、住居表示は、建物に対して付けられる住所です。

地番は、配達しにくいが、住居表示地域であれば、配達しやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました