不動産業界で最強の資格トップ3

資格を取得するために

不動産業界の現状、そして、これからの不動産業界を考えたときに、

間違いなく、おすすめできる3つの資格を紹介します。

これらの資格は、基本的に、誰でも受験することができます

数ある資格の中には、専門の学校をでていなければ受けられない試験もありますが、

ぼくがおすすめする資格は、正しく勉強して、試験に合格することができれば、

資格を取得することができます。

ご紹介する資格は、どれもがんばって勉強する価値のある資格です。

もし興味があれば、資格取得に挑戦してみませんか?

不動産業界で最強の資格トップ3

1位:宅地建物取引士(宅建)
5

堂々の第1位は、泣く子も黙る「不動産業界のエース」の「宅建」です。

不動産の取引をするときに、必要不可欠な人材になります。

宅建で独立開業することもできますし、

不動産業者で働く場合も、引く手あまたになること間違いありません。


2位:FP(ファイナンシャルプランナー)
4.5

おすすめの資格。第2位は、FP(ファイナンシャルプランナー)です。

FPは、個人の資産運用のプロフェッショナルです。

お客様からの相談を受け、保険や税金などをトータルで資産設計することができます。

不動産と保険や税金は切っても切り離せない関係なのですが、

それらの分野に強い不動産業者はあまり多くありません。

そのため、FPの知識があれば、かなり有利に立ち回ることができます。


3位:行政書士
4

おすすめの資格。第3位は、町の法律家「行政書士」です。

不動産業界では、実は、弁護士より行政書士の方が重宝されます。

行政書士は、官公庁に提出する書類を作成、提出することができる資格です。

不動産業は、官公庁と密接な関係にあり、官公庁に提出する資料もたくさんあります。

そんなときに頼りになるのが行政書士です。

タイトルとURLをコピーしました