セーフティネット住宅ってなに?わかりやすく説明するよ。

プロの知識
セーフティネット住宅とは

災害で被害にあってしまって、家がなくなってしまった人たちや、

生活に不自由のある高齢者や障害を持っている人たちなどの、

生活が困難な人たちの入居を拒まない賃貸住宅のことをいいます。

はじめ
はじめ

先輩。セーフティネットってどういう意味なんですか?

平松先輩
平松先輩

セーフティ(safety)なネット(net)のことだよ。

つまり、安全網(あんぜんもう)のことさ。

サーカスの綱渡りをしている人の下に張ってある網があるだろ?

それが、セーフティネットさ。

万が一、落下してもセーフティーネットがあれば、安全だろ?

はじめ
はじめ

なるほど。

「母ちゃん勝手にファミコン切らないでよ。ゲームまだセーブしてねぇど

かと思ってましたよ。あぁ良かった。途中で切られなくて。

平松先輩
平松先輩

お前のセーフティネットは、おれだな。

不動社長。。

うらみ~~ま~~すぅ~。。

セーフティネット住宅には、どういう住宅があるの?

住宅セーフティネット制度が、2017年10月から新しく変わりました。

増加する空き家を、住宅確保要配慮者(被災者や高齢者、低額所得者など)に

貸してあげることができれば、どっちも幸せだよね。という制度です。

賛否両論ありますし、現状で、欠点もありますが、制度としては、ぼくは賛成です。

弱者を守るための制度は、ぼくは人として必要だと考えています。

はじめ
はじめ

ぼくも賛成!

制度の中で、もちろん住宅の登録基準が決められています。

地震がきたらすぐに壊れてしまうような家であれば、危険すぎるのでダメです。

借りている人が、安全に、安心して生活ができるような建物でなければいけません。

床面積が25平方メートル以上必要であったり、

台所やトイレ、浴室などを適切に配置されていなければならないという決まりもあります。

空き家があるんだけど、セーフティネット住宅として利用してほしい

建物の安全性などの条件をクリアすることができれば、

セーフティネット住宅として、登録することができます。

空き家になっている建物がある都道府県、または、その市で、登録することができます

一度、お近くの市町村にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

ずっと空き家にしておくよりも、誰かの役に立つのであれば、その方が良いかもしれません。

セーフティネット住宅として登録することで、耐震改修工事や、バリアフリー改修工事など、

国が補助制度をつくっていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

セーフティネット住宅と賃貸不動産経営管理士

もし、あなたが勤める不動産屋さんに、足が不自由で働けないお客様が、

部屋を探しに来られたら、あなたはどうしますか?

とりあえず、バリアフリーになっているアパートや戸建てを探しますよね。

地域によっては、なかなか、そういう物件に空きがなかったりします。

そこで、知り合いの大家さんに相談しても、

設備的な問題と、家賃滞納の不安から断られることもあるでしょう。

賃貸不動産経営管理士であれば、セーフティネット住宅における家賃保証の知識をつかって、

その問題を解決することもできます。

また、住宅確保要配慮者を断るのではなく、適切な不動産を探し、お客様のために

どうすれば入居することができるかを真剣に考え、大家さんや貸主に働きかけることができます

そういった意味でも、賃貸不動産経営管理士の役割は大きくなっていくのではないでしょうか。

はじめ
はじめ

弱者を守る!それが男だ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました