賃貸不動産経営管理士試験。1週間で合格できるのか?

不動産系資格
賃貸不動産経営管理士試験

資料請求・受験申込期間:令和元年8月16日~9月26日当日消印有効

合格発表 令和2年1月10日

受験票より

試験日 2019年11月17日(日)

集合時間 12:30までに指定番号席に着席

試験時間 13:00~14:30(90分)

当日は交通機関の混雑が予想されますので、早めにご来場ください。とのこと

11月9日(土)アマゾンで購入した参考書をはじめて開く

久しく資格の勉強というものをしていなかったので、なにか役に立ちそうな資格でもと思い、

賃貸不動産経営管理士試験を受けることを決めたのは、今年の9月の中旬くらいだったろうか。。

こうこう
こうこう

賃貸不動産経営管理士。うん。なんかカッコイイ。

賃貸不動産経営管理士試験の願書も出し、銀行で受験料12,960円も入金した。

Amazonで参考書も買った。受験票も何日か前に届いた。

あとは勉強するだけ。。

そう、あとは勉強するだけ。。。

しかし、どういうわけか全く勉強のやる気が起きず、遂に、残り8日となってしまった。

ぼくは、やる気を振り絞って、Amazonで買った参考書を開いてみた。

そして、そっと本を閉じた。。

「ふぅ~。よし、明日からはじめよう。。今日は休みだし。」

自分にいいわけをしながら、昼間っから布団に入り、長い眠りにおちるのであった。。。

こうこう
こうこう

そういうときもあるよね。

11月10日(日)残り7日

残り一週間

朝起きる。犬の散歩に行く。ブログを更新する。

「よし、昼寝しよう。。」いや、もういい加減、賃貸不動産経営管理士の勉強をしなければ。。

机に向かい、勇気を振り絞って、参考書を開いてみる。。

そして、そっと閉じる。。

こうこう
こうこう

だめだ。全く集中できない。

おやつ食べながら、Youtubeとか見ちゃうし。。。

よし、勉強の前に、家の掃除をしよう。

気が散ってしまい、勉強どころではない。まずは掃除だ。

そうでなければ、集中できない。

小学校のとき、学校の先生も言っていた。

「勉強する前に、まず机を片付けなさい」と。

こうこう
こうこう

先生。ぼく。

あのときの約束を忘れないよ。お掃除がんばるね。

そのまま、大掃除になる。百均に行き、掃除道具を買った。

もう、年末の大掃除も兼ねていいよね。

もう本気モードだ。(ダイ〇ンの掃除機のような勢いだ)

大掃除は夜まで続いた。

「今日もよくがんばったぜ。。。でもなにか忘れているような。。。」

その夜、ぼくがひどい自己嫌悪におちいったことはいうまでもないだろう。。

「大丈夫。ぼくは不動産のプロフェッショナル、青い彗星なんだから。」

そう自分に言い聞かせながら、また長い眠りに落ちるのであった。

11月11日(月)残り6日

残り6日。もうそろそろやらねばならぬ。背に腹は代えられぬということで、

パンドラの箱を開く気分で、参考書を開く。

そして読み始める。おっ分かりやすい。

「さすがぼく。分かりやすい参考書を買ってるぜ。でも、テキストの量少なくない?」

そんなことを思いながら、一気に読み進める。

この参考書は、テキストと問題に分かれていて、テキスト部分は、1編から4編まである。

今日2編まで、つまりテキスト部分の半分を読み進めることができた。(2時間ほど

一問一答が、全部で400問あるんだが、68問まで解いてみた。(1時間ほど

これは分かりやすいし、いいかんじだ。

このテキストのこと、合格できたら紹介するね。

こうこう
こうこう

はじめたら一気にいくぜ。いいぞ。この調子だ!!

んっでも。間に合うんかいな??

そして、今日はもう眠たいからねるね。。

11月12日(火)残り5日

残り5日。今日のぼくはハイパーだった。

一気にテキストを読み終え、一問一答を209問まで解いた。(3時間ほど

なかなか、いい調子なのでは?なんか間に合う気がしてきた。

一度、勉強することができれば、どんどん進むものだ。

あれだけ重たかった1ページが、もうかるいかるい!!

こうこう
こうこう

いける。いけるで~!!

勉強するくせがついていない状況から、勉強するのは、とても大変なので、

毎日一分でもいいから、新しいことを学ぶようにしよう。

習慣になったら、こんなにエネルギーを使わなくてもいいんだから。

11月13日(水)残り4日

残り4日。今日のぼくもやはりハイパーだった。

一問一答を333問まで終わらせた。(約1時間半ほど

あんなに重たかった一ページがこんなに軽くなるなんてうそみたい。

この参考書は、親切なことに予想問題も100問もついているので、

明日は、一問一答を終わらせて、予想問題に入っていこうと思う。

ここまで勉強した感想としては、

宅建や他の法律系、不動産系の資格に比べて、割とかんたん

そこまで、細かい知識が求められていないように感じる。

でも、まだ一問一答問題しかしていないので、

そもそも、本試験が、○×なのか?四択なのか?五択なのか?そんなことも知らない状況。。

予想問題ちらっと見ると、四択なので、たぶん四択なんだと思う。。。

こうこう
こうこう

ほんとこの参考書わかりやすい。

でも、ほんとにこの量で合格できるのかな?

11月14日(木)残り3日

「いける!」ぼくは確信していた。

さきほど、一問一答の全400問をとくことができた。(約30分ほど)

一問一答400問に約4時間ほどかかった計算になる。

つまり、1時間で100問程度解答できた計算になる。

正解率は、なかなか高い。

試験までに、一問一答で、間違えた問題を何度か繰り返せばよいだろう

ちょっと横になって、休憩した後に、予想問題に入っていこう。。。

こうこう
こうこう

ほんの少しだけ、目をつむって脳を休めるのだ!

11月15日(金)残り2日

ぼくは、目をつむると、5分以内に寝てしまうことができます。

そう。いつのまにか、のび太くんのような特技を身につけてしまいました。

昨日、ちょっとだけ目をつむっただけなのに。

目を開けたら、外はもう朝。。。

カーテンの隙間から、明るい光が入ってきているではないですか。

こうこう
こうこう

またやってしまった。。。

でも大丈夫。もうぼくは、合格を確信しているのだ。

いつもなら、完全に落ち込むぼくは、なぜか元気いっぱい。

そう。昨日合格を確信したからなのである。。

予想問題までいっていないのに。。なぜこんなに自信があるのか?

そう、ぼくは不動産業界の青い彗星

予想問題は、夜しよう。そう誓って、仕事に出かけるのであった。

そして夜。。

一気に予想問題100問をクリア!(約2時間半)

我ながらいい感じだ。

予想問題は、一問一答の問題が多かった気がする。

正解率は、えーと、100問中81問正解

まあまあじゃないかな。

明日は、勉強ラストの日、テキストの読み返しと、

一問一答と、予想問題の間違えた部分を復習すればOKだろう。

こうこう
こうこう

ファイヤー!燃えたぜ!

11月16日(土)残り1日ラストスパート

朝。なぜか勉強のやる気が起きない。

んっ?まさか?

昨日、参考書を全部一度解いたので、燃え尽き症候群になってしまったのか??

試験は明日なのに。。。

おれはもう合格したつもりになっているのか?

「バカもーーーん!!」そう自分に言い聞かせながら、

参考書を、開いては閉じ、開いては閉じをするのであった。。。

こうこう
こうこう

試験前日に、燃え尽き症候群になってしまうとは。。

そのまま夜まで、参考書を開くことはなかった。

やばい。明日試験なのに。。

よし。30分だけがんばるぞ!

そして、一問一答と、予想問題の間違えた問題のみを読み返した。(約30分)

試験前日だというのに。なんてことだ。

でも大丈夫。もう大丈夫。。

そう自分に言い聞かせながら、深い眠りにつくのであった。。。おやすみなさい。

11月17日(日)試験当日

おはようございます。じゃあ行ってくるね。

・・・

・・・

電車に揺られ、試験会場のある小倉へ。

1時間ほど早く着いたので、その辺をぶらぶらしていると、

試験会場近くにとんかつ屋さんがあるのを発見。

食品サンプルのかつ丼がめっちゃおいしそう。。

カツが二枚ものっておるわい。カツが2枚も。。

迷わずお店に入り、名物のカツ丼を注文。

店員さんが、「ごはん大盛無料でできますよ」と悪魔の言葉をいってきた。

こうこう
こうこう

大盛でお願いします!!

今日いちの大きな声で、ぼくは大盛をお願いした。

カツ丼。めっちゃうまい!

ちょっとカツが薄いが、うまい!!

この値段(税込みで950円くらい)で二枚もカツがのっている。

カツがちょっと薄いが。。しつこいかな?

お腹いっぱいの状態で試験会場へ。

「よっしゃ一番後ろの席だ。」学生のころを思い出しながら、自分の席へ。

ぼくの試験会場は、40名ほどの机の数で、4名いない。

「受験料払っているのにもったいないなあ。」と思う。

見渡した感じでは、年齢層は、20代から40代が多いようで、

男性と女性の比率は、7:3で男性が多いようだった。

着席して、試験が始まるまでの時間。眠い。眠い。眠い。

めちゃくちゃ眠たーい!!

大盛カツ丼食べなければよかった。。

13時になって試験が始まった。

眠たい目をこすりながら、一問目。

謝っているものを選びなさい問題。

「んっ?全部正しいみたいなんですけど、この問題まちがえてますよ。」と

試験官に挙手しそうになる右手をぐっと抑え、

4番に〇をした。(どうやら答えは1らしい)

その後も、問題を次々にこなしていったが、思ったよりちょっと難しいという印象。

「正しいものがいくつあるか問題」や、「組み合わせ問題」がやたらと多い。

自信のある解答もあるが、自信のない解答も多い。

1時間半の試験を終え、不安を抱えたまま帰宅した。

微妙だ。。。不動産業界の青い彗星なのに。。(誰も言ってくれないが。)

不動産業の知識があるぼくが、テキスト一冊で挑んだ結果、ちょっと厳しいかも。

誰だよこの試験簡単だっていったの?

こうこう
こうこう

ぼくが不合格なら、誰も合格できないんじゃない?

そんなことを思いながら、枕を涙で濡らすのだろう。。。

結果はどうであれ、知識を増やすことに意味があるのだ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました